卵巣がん体験者の会スマイリーバナー

ovarian cancer patients support group,SMILEY

ご挨拶

スマイリー運営担当 片木美穂 Miho Katagi


こんにちは。スマイリーのホームページへようこそ。
スマイリーは2006年9月1日から2019年3月31日まで「卵巣がんの患者会」として活動を続けていました。
しかし患者会の運営は負担がとても大きく継続が困難となったため、もう少し継続しやすい形で患者さんたちとの交流ができないか模索をしています。
そのため会員制ではなく、卵巣がん患者さんやご家族に気軽に閲覧してもらえる卵巣がん専門の情報サイトにしようと思い現在準備を行っています。
準備に大変長いお時間をいただき申し訳ありませんが、卵巣がんの情報はここを見れば大丈夫!というサイトにすべく頑張っておりますので、気長にお付き合いいただけましたら幸いです。
なお、これまでの活動の一部ではありますが下記に掲示しておきます。

これまでの卵巣がん体験者の会スマイリーの活動の記録

団体名

卵巣がん体験者の会スマイリー

所在地

東京都

活動期間

2006年09月01日から2019年3月31日

役員

代表、世話人

活動の柱

(1) 医療上必要な医薬品が早く使えるよう制度改正等の働きかけを行う

(2) 患者力アップ

(3) 卵巣がんの啓発

活動の内容

東京卵巣がんフォーラム

勉強会(リンパ浮腫、運動、遺伝、緩和ケアなど)

おしゃべり会

相談支援

活動の実績

抗がん剤の早期承認を働きかけ国の医薬品承認のシステム改善に貢献。

公知の事実が認められた医薬品には保険適用が前倒しされるよう貢献。

卵巣がん治療に用いる以下の医薬品の早期承認に貢献した

「リポソーマルドキソルビシン(ドキシル)」

「ゲムシタビン(ジェムザール)」

「トポテカン(ハイカムチン)」

「エトポシド(ラステット、ペプシド)」

「ベバシズマブ(アバスチン)」

「パクリタキセル(タキソール)の毎週投与法」

「デカドロン」の剤型変更