卵巣がん体験者の会スマイリーについて

あなたの声には力があります。
世界卵巣がんデー2017:日本からのメッセージ

声を届けてくださったみなさん(到着順)
※お名前をクリックするとメッセージにジャンプします

LinkIcon生川 晴美さん(卵巣がん患者)LinkIconパピヨンさん(患者家族)
LinkIcon望月 ミサさん(卵管がん患者)LinkIconmayさん(卵巣と子宮体の重複がん患者)

あきらめない。

生川 晴美さん (卵巣がん患者)

かかりつけの整形外科でついでに胸やけの薬もらおうとして偶然発見されてから2年になります。
類内膜腺癌3C期、もうすぐ死ぬのかなぁって思っていたら今も生きてます。
趣味だったトレランは痺れがあり今はまだできないけど 術後すぐリハビリの散歩とピラティスを再開し2か月後時短で職場復帰、10か月後家族で登山の大会に出られました。1年後には川下りのラフティング、その後にはランニング、 ロゲイニングと発病前から好きだったフィールドへ戻っていけました。以前と同じではありませんが 人生を楽しむことはあきらめたくありません。

化学療法が今年の1月に終わって、現在、検査の結果待ち期間です、治療中より自由になって自分の人生ここから何をするか決めたいと思っています。治療中に助けられたアロマももう少し知りたいし、いつかはって思っていた行きたいところに行く計画を具体的に決めたいです。
来週の検査の結果が悪くても 治療を受けながらでももう一度登りたい山に挑戦します。田部井淳子さんのようにずっとずっと山に行くんだと決めています。 

It has been two years since my coincidence was discovered by my orthopedic clinic in my family trying to take medicine for heartburn.
Endometrioid tumors 3C period, I wonder if I will die soon I will still live.
Trail running that was a hobby has numbness but I can not do it now, but after surgery I took a rehabilitation walk and restarted Pilates and after 2 months I got back to work early and after 10 months I got to the mountaineering tournament in 10 months. After one year I was able to return to the field I liked from the river rafting followed by the running, the logging and the onset of illness. It is not the same as before but I do not want to give up on enjoying my life.
Chemotherapy finished in January of this year, it is now the waiting period of the examination, I am willing to be more free during treatment I'd like to decide what to do from here. I would like to know a little more about the aroma helped during treatment and I would like to concretely decide on a plan to go to where I wanted to go someday.
I will challenge the mountains I want to climb once more while receiving treatment even if the result of the exam next week is bad. I have decided to go to the mountain forever like Tanbei Junko.
Harumi(ovarian cancer patient)

rokko.jpg

arasiyama.jpg

roge.jpg

命に年齢の壁はない。

パピヨンさん (患者家族)

私は卵巣がん患者の家族です。
卵巣がんが見つかったとき 最初の病院では「高齢でもあるし 何もしないほうがいい」と言われました。
落ち込む母を見て、「絶対にこのままの状態は嫌だ」と家族でいくつもの病院の情報を集め、セカンドオピニオンで今の病院で抗がん剤治療を受けました。
高齢なのでとても心配しましたが 重篤な副作用なく 6回無事に終えました。
高齢でもきちんとした管理のもとなら抗がん剤治療は受けられます。
納得のいく病院で しっかりと治療を受ければ 元気になれます。
どうか 生きるために必死になって声をあげてほしいと思います。
私は家族として 「命に年齢の壁はない」と思っています。
これからもまだまだ治療は続きますが 一生懸命 命と向き合って家族としてできることを精いっぱいやっていきます。

I am a family of ovarian cancer patients.
When ovarian cancer was found I was told that at the first hospital I was older and better not do anything.
Looking at my depressed mother, "I absolutely do not like this condition", collected information from several hospitals with my family, and received anticancer drug treatment at my current hospital with my second opinion.
I was worried very much because it is elderly, but it ended safely six times without severe side effects.
Anti cancer treatment can be received even if it is older even with proper management.
You can become healthier if you receive a firm treatment at a satisfying hospital.
I want you to desperately become a voice to live.
I am thinking "There is no age barrier in life" as a family.
Although I will continue treatment still more in the future, I will do as hard as I can to fight life and do as a family.
Papillon(family of ovarian cancer patients)

ためらわずに治療をしてください。

望月 ミサさん (卵管がん患者)

がんについて、祖父母の時代の古い知識しかなかった私は、はじめは治療にとても消極的でした。
子どもの頃に昔のがん治療の辛い話を沢山聞かされた影響で、大の病院嫌い、西洋医療不信になってしまったようです。
さらに健康志向で、自然療法を過信していました。
生活習慣病は自力で治すべきだ!治せるのでは?と心の底で思っていました。

しかし、がんが現れてから生活を改善するのでは、手遅れなのです。

これから治療を始める時に、以前の私と同じように自然療法や代替療法ばかりを信じたい人には、ぜひとも伝えたいことがあります。

自分の方針に固執しすぎず、もっと柔軟に考えてください。
情報をよく分析し、知識を吸収し、現代の医療の良い部分も知ってください。
ためらわずに、一番効果の認められている標準治療から試して欲しい。

現在のがん治療は、身体に優しくなってきました。祖父母の時代とは違います。「がんとの共生」を実現できる時代に変わっていました。

標準治療を受けたからこそ、今の私があるのです。

写真:治療中でもバンドでライブをやった!展覧会の作品を作った!

For cancer, I had only old knowledge of grandparents' era, but at first I was reluctant to treat.
When I was a child, I heard many hard stories of cancer treatments in the past, I hate a hospital, I seem to have become distrust of Western medicine.
I was more health conscious, I was overconfident about natural therapy.
Lifestyle diseases should be cured by yourself! Can heal it? I was thinking at the bottom of my heart.
However, it is too late to improve our lives after cancer has appeared.
There is something I definitely want to convey to those who would like to believe in naturopathy and alternative therapy just like I did before when I start treatment.
Please do not overdo yourself, please think more flexibly.
Please analyze the information well, absorb knowledge and know the good part of modern medicine.
Please do not hesitate to try it from the standard treatment which is recognized the most effect.
The current cancer treatment has become gentle to the body. It is different from grandparents' era. It was changed to an era where "coexistence with cancer" can be realized.
Because I received standard treatment, I am now.
Photo: I played live in the band even during treatment! I made a work of the exhibition!
Misa (Fallopian cancer patient)

misa1.jpg

misa2.jpg

misa3.jpg

自分の体をもっと知ろう。

mayさん (卵巣と子宮体の重複がん患者)


私は2014年12月に「卵巣と子宮体の重複がん」であることが、手術と病理検査でわかりました。
抗がん剤治療を終え経過観察になり、2017年4月現在は闘病の日々が夢だったのかと思う程元気な毎日を過ごしております。

婦人科受診のきっかけとなった症状は、運動しても下腹が膨らみ続けていた、右下腹部の激痛、地味に続いていた性器からの不正出血…他にも細かい変化はありましたが、今までに経験したような月経トラブルとは別物であると感じました。

瞬間的に思ったのが「もしかして…子宮筋腫?」、この時点で私の頭に「卵巣に関して問題がある」ということはこれっぽっちもありませんでした。なぜなら、私の中では生殖器の異常=子宮の異常という、己の体に無知極まりない考えがあったからです。ですから婦人科の診察を受け「卵巣が腫れている」というドクターの言葉に非常に驚いたことを記憶しております。

私は自分の体に対してあまりにも無知でした。

初潮を迎えてから、どの臓器よりも一番身近であったはずの卵巣、子宮のことをなーんにも知りませんでした。

2度目の手術の前夜、永遠の別れとなる卵巣と子宮に対し「気付かなくてゴメン、労わってあげなくてゴメンね」と掛け布団にくるまり涙しました。

己の体を知ろうとしてこなかった自分

女性の先輩でもある母親と「性」に関する会話を積極的にしてこなかった

卵巣・子宮を失い後悔していることを挙げるならばこの2つでしょうか。

ですが病は後悔だけを与えたわけではありません。

「体の変化に敏感になること」

「こもらないで吐き出すこと」

今後の私の生活にとって重要なことを教えてくれました。

私は子供を産む前に病気になってしまったので、自分が産んだ子供に闘病中に感じたことを話す機会は永遠にありませんけれども、これから出会う若い人達や自分の姪達に、積極的に「卵巣」「子宮」「性」のことを語れる人間になろう!と思っています。

I understood in December 2014 that "surgery and pathological examination" is "overlap cancer of the ovary and uterus body".
I have been ongoing follow-up of anticancer drug treatment, and as of April 2017 I am living a healthy life as much as I thought the days of fighting illness were dreams.
The symptoms that triggered my gynecological examination were that the lower abdomen continued to swell even when exercised, the right lower abdominal pain, the illicit bleeding from the genitals that followed the ground - although there were other minor changes , I felt it was a different thing from the menstrual troubles I experienced so far.
What I thought momentarily was "uterine fibroid?", That there was nothing wrong with my head saying "There is a problem with the ovary" at this point.
Because in my body there was an extremely ignorant idea of ​​ignorance of the reproductive tract = uterus abnormality in my body.
I have remembered that I was quite surprised by the doctor 's words "I heard that the ovaries are swollen" under the gynecological examination.
I was ignorant of my body.
Since I had a menarche, I did not know about the ovaries and uterus that should have been closest than any organ.
On the eve of the second surgery, I tearfully cried in the futon, "I am sorry that I do not notice, I do not notice, I do not notice" to the ovaries and the uterus” ,which will be eternal farewell.
I did not try to know my own body.
I have not been actively engaged in conversation about "sex" with my mother who is also a senior female.
If you mention that I lose the ovary / uterus and regret it is these two.
However, disease did not give regret only.
"Being sensitive to changes in the body"
"Spitting out without staying"
He taught me important things for my life in the future.
Since I got sick before giving birth to a child, I have no opportunity to talk about what I felt during a fight against a child I had a birth forever, but actively to the young people I meet and my niece Become a human being who can talk about "ovary" "uterus" "sex"! I think.
may(Ovarian cancer and uterine body cancer patient)

世界卵巣がんデーを応援

この画像をTwitterやFacebookで広めてください。

卵巣がんデー画像

ツイッター

世界卵巣がんデーについてハッシュタグをつけて情報発信してください。
#WorldOvarianCancerDay
#WOCD