卵巣がん体験者の会スマイリーバナー

ovarian cancer patients support group,SMILEY

スマイリーからのお知らせ


小野薬品工業に対して「オプジーボ®️(ニボルマブ)」に対する広報のあり方について要望を提出しました。

2018年10月09日

 

平素よりスマイリーの活動についてご支援ありがとうございます。

ノーベル医学賞の発表後、免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボに対する問い合わせがあとを絶ちません。
なかには、インターネットで検索したとして効果も確認されていないインチキな免疫細胞療法に誘導されたと思われる患者さんが適切な医療の機会を逃しかねない慎重な対応を要するお問い合わせもあります。
 
幸いなことにこのような患者会の悲鳴を受け止めてくださりNHKや日本テレビ(ニュースZERO、ニュースエブリ)、朝日新聞、バズフィードなどが正しい情報提供と、患者さんにはくれぐれも慎重に情報を確認してほしいことを呼びかけてくださいました。
おかげさまで徐々に問い合わせは減っています。

しかしみなさんもご存知のように、がん患者は毎日のように増えていき、そしてご家族や関係者も毎日のように増えていきます。
 
そのことから、次にこの話題が沸騰するであろうノーベル賞授賞式には正しい情報提供が行なっていただけるよう、オプジーボの製造販売元であります小野薬品工業さまに「正しい情報提供をお願いする要望書」を提出いたしました。
http://ransougan.e-ryouiku.net/bookfile/20181009youbouono.pdf

製薬企業が患者に対して(特にそのお薬が未承認の疾患の患者さんに対して)情報を提供することは法律上難しいことはわかっていますが、マスメディアに対しては正しい情報提供が必要かと思いお願いをしました。
もちろん、正しい情報提供をしても受取手側が正しく受信するかどうかは難しいところではありますが、今回はマスメディアの混乱もすごいものを感じました(適応のない疾患の患者会にも片っ端から問い合わせを入れている社もありました)。
どうか命に関わる病気の情報ですから、患者さんやご家族が振り回されず穏やかに過ごされるような報道のあり方,広報の支援をお願いしたいなと思います。


 


お知らせ要望

HOME | お知らせ | 20181009192946