卵巣がん体験者の会スマイリーバナー

ovarian cancer patients support group,SMILEY

スマイリーからのお知らせ


東京卵巣がんフォーラム御礼

2018年05月28日

 
2018年5月19日土曜日、主婦会館プラザエフにおいて東京卵巣がんフォーラムが開催されました。
座席は毎年のことですが満席で熱気溢れる中開催されました。

10時00分~11時00分

医療情報のウソ・ホント〜「見極め方」と「向き合い方」を学ぶ〜
大野 智先生(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 寄附講座准教授)では、具体的なクイズをだしながら医療情報についてどのように考えていくのか学びました。
 
 
11時00分~12時00分
卵巣がんについて
藤原 恵一先生(埼玉医大国際医療センター 婦人科腫瘍科)では卵巣がんの基本的なことから最近承認されたリムパーザについてどのようなお薬なのかなど詳しく説明いただきました。
 
 
13時00分~14時00分
 「再発卵巣がんは治らないのか?」
再発卵巣がんの治療についての素朴な疑問に答えます
五月女 隆先生(松戸市立総合医療センター化学療法内科)では先生が実際に治療された患者さんの具体的なお話もまぜながら「あきらめないがん治療」とはなにか、婦人科だけの治療をしているのではない医師としてお話いただきました。
 
 
14時00分~15時00分
卵巣がんと緩和ケア
藤村 正樹先生(東京医科大学茨城医療センター 産婦人科)には、先生がどうして婦人科の治療をしながらも緩和ケアというお話をされるかという根本的なお話から患者さんの身体的な痛み、心の痛み、魂の痛み、社会的な痛み・・・全人的な痛みについてどう支えていくかというお話をしていただきました。

 
質疑応答の時間は、切れ間なく様々な質問がでましたが、先生方もとてもフランクに回答していただくことができました。


会場外のバザーも盛況で、昨年からスマイリーの活動を支援てくださってるeclaさんもバザーに参加してティールカラーのライナーなど販売くださり売り上げをご寄付くださいました。
 
終了後は会員さん限定での懇親会でした。
藤原先生と会員さんたちから労いのお花をいただきました!
 
=========================
 
東京卵巣がんフォーラム会計報告

支出 会場費     249,645
収入 会員参加費     81,000
   一般参加費     28,000
   募金        108,300
合計         ▲32,345(スマイリー活動費から支出)
 


 


イベント

HOME | お知らせ | 20180528205730