卵巣がん体験者の会スマイリーバナー

ovarian cancer patients support group,SMILEY

平成24年度利益相反のご報告

平素よりスマイリーの活動にご理解、ご協力ありがとうございます。
患者会側が公開する義務はないのですが、日本製薬工業協会「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」に則り製薬企業と患者会側、両方の報告があることで更なる透明性に繋がることを期待し、このガイドラインに沿い卵巣がん体験者の会スマイリーおよび代表者片木美穂に対して平成24年1月1日~12月31日の利益相反について報告いたします。
 
1.直接的資金提供
(対象)寄付金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等
ヤンセンファーマ(株)より当会代表片木が監修したガイドブックの提供をいただきました。

2.間接的資金提供
(対象)・患者団体支援を目的とした企業主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用・患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用
なし
 
3.会員会社からの依頼事項への謝礼等
(対象)講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用
日本製薬工業協会        講師謝金 77,777円
 
4.その他
(対象)労務提供の有無
なし


厚生労働省より
医政局       委員手当 50,800円
医薬食品局    委員手当 36,400円

 
医学会、グループより
一般社団法人レギュラトリーサイエンス財団 講演謝金 61,109円
北関東婦人科がん臨床試験コンソーシアム 委員手当 20,000円
日本癌治療学会のPAL(ペイシャンとアドボケイトラウンジ)運営委員に関しては、 交通費(学会当日、都内打ち合わせ時は距離に応じた清算)、宿泊費、打ち合わせ時の弁当を学会事務局より提供いただいております。打ち合わせおよび、学会当日の活動に対する報酬はいただいていないため0円です。
 
医療機関、学校法人等より
独立行政法人国立病院機構本部   講師謝金 15,000円
岩手医科大学               講師謝金 30,000円
独立行政法人国立がん研究センター 委員謝金 40,000円
国立大学法人大阪大学         講師謝金 55,560円
聖隷浜松病院               講師謝金 55,555円
信州大学                  講師謝金 56,960円
医療法人洛和会             講師謝金 55,555円
 
 
なお、代表者片木美穂の出版社等からの依頼による原稿執筆料は利益相反に該当しないとして報告を割愛させていただきます。
また、患者会等からによる講師謝礼に関しては、主催団体に企業が協賛などしていた場合、主催団体への提供であることから報告は割愛させていただきます。